飛蚊症となる原因には、「後部硝子体剥離」も考えられますが、この後部硝子体剥離とは、一体どんな状態の事を指すのでしょうか。後部硝子体剥離とは、眼球の器官のひとつである硝子体が変質して繊維組織が壊れる事によって硝子体全体が収縮し、やがて硝子体と網膜の間に隙間が出来てしまう事を言います。硝子体が網膜から離れる際に、網膜の表面にある毛細血管が引っ張られ血管が破れて出血が起こりますが、この際に飛蚊症が発生するのです。後部硝子体剥離となる原因としては、硝子体はコラーゲン線維という蛋白質が大量の水分を含んだ組織なのですが、このコラーゲン線維が加齢と共に縮んで、網膜面から離脱して前方に移動する為と言われています。つまり、硝子体の老化現象のひとつとして、後部硝子体剥離を発症する可能性がある訳です。後部硝子体剥離は、特に近眼の人に発症しやすく、その中でも女性に多く見られる症状です。また、50歳以上の人に多いと考えられていましたが、最近では生活環境の変化からなのか、20代でも発症例が増加傾向にあります。後部硝子体剥離に伴う飛蚊症の場合には、自然に改善されるのを待つ治療法が一般的なのですが、中には網膜剥離等のように緊急の治療を必要とする重い病気の危険性もあります。年輩の人に起こる網膜剥離の主な原因は後部硝子体剥離と言われていますので、飛蚊症の症状のように目に違和感がある場合には早急に眼科を受診する事が大切ですー